Top Page同棲のメリット

1人暮らしより安心

女性限定のメリットだと思います。

やはり女性の1人暮らしは何かと危険であり、同棲のように同じ部屋にアナタを守ってくれる恋人が常に居る環境であれば、その危険性は格段に減少します。

このご時世、どんな事故や事件が起きても不思議ではありません。来客者の応対などはなるべく男性に任せた方がいいでしょう。

* りくのツッコミ *
都会って何でこんなに訪問勧誘が多いんでしょうか。りくは一人で居るとほぼ居留守。102が居るとインターホン鳴ったらほとんど任せっぱなしです(^-^;)

デート代が節約できる

同じ場所に住んでいるのですから、交通費や待ち合わせなどの出費を抑えることができ、もちろん宿泊場所にも困りません。

ちょっとそこまでの買い物や散歩でも十分デートになってしまいます。お互いの財布の状況も分かってしまっているので、相手に対して無茶な贅沢もできなくなるでしょう。

* りくのツッコミ *
大きいショッピングモールなどが近所にあれば、そこをふらふら歩くだけでも充分。そういうところで節約した分で、1ヶ月に一度くらい遠出ドライブや旅行してみるといいかも。

主導権は2人に

お互いに収入があり、2人の名義、2人が世帯主として住居を借りていれば、お互いがその家の主であるため、どちらかだけに主導権を握られることはありません。

お互いが自己主張しながら、自然と相手も立てられるようになります。自分に対して、相手に対しての責任感を培うこともできるでしょう。


* りくのツッコミ *
ウチは1026:りく4って感じ?

家事を分担できる

これも1人暮らしから同棲へ移行した人にしか実感しにくいメリットです。

これまで全て1人でやっていた家事・仕事が理論的には半分になるのですから、その分だけ自分の時間が持てるようになります。

当然のことながら、家事をどちらか一方に押し付けることは絶対にやってはいけません。押し付けるのであれば相手の分も稼いでくる必要があります。それができないのであれば、必ず家事は分担するようにしましょう。


* りくのツッコミ *
特にこれをどっちがするとか決めつけない方が良いかも?お互い進んで家事をしましょう。

生活費を折半できる

実家から直接同棲を始める人には実感しにくいかも知れませんが、もしお互いが1人暮らしをしていて同棲へ移行するのであれば大きなメリットになり得ます。

家賃も光熱費も、全ての生活費が半分で済むことになります。もちろん、1人暮らしの完全に半分という訳にはいきませんが、それでも金銭的な負担が軽くなることは間違いないでしょう。


* りくのツッコミ *
何故か我が家の電気代は102の一人暮らし時代とほぼ同じ金額(笑)

毎日一緒に居られる

やはりこれ以上のメリットはありません。

遠距離恋愛などで普段逢うことができなかったカップルにとっては、2人での生活自体が最高の贅沢となることでしょう。例え仕事や学校の都合で生活時間帯に差ができようとも、お互い触れ合える時間が必ず作り出せます。

もちろん、ワタシ達もお互いここに幸せを感じています。


* りくのツッコミ *
ですね。毎日顔を合わせれます。同じ時間を共有できる。