Top Page同棲の不動産屋・大家選び婚約者として2人名義で契約

婚約者として2人名義で契約

Check

最低限事項です。1人名義で契約している住居にもう1人が転がり込む、いわゆる「半同棲」は、完全な契約違反になってしまいます。あとで何も言われても決して文句は言えないので、初めの交渉時からしっかりと2人暮らしの旨を伝えておきましょう。

「同棲」という言葉は使わず、「婚約者」同士と伝える方が、入居を了解してもらえるケースが多いようです。この場合のほとんどはそれぞれの名義での契約になると思います。

後々のトラブルを避けるためにも、契約時に分からないことがあれば細かいことでも遠慮なく質問して、しっかりと確認しておきましょう。

前の記事 | トップページ

Facebookでコメントする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます

婚約者として2人名義で契約

訪問する時期も重要

法人大家よりも個人大家

不動産屋は大手よりも地元密着型

ウェブサイトや雑誌で予め情報検索

同棲における不動産屋・大家の選び方