Top Page同棲の物件・部屋探し節約ガスの種類と水源の位置

ガスの種類と水源の位置

Check

これをチェックしておくのとしておかないのとでは、後の光熱費に大分差が出てきてしまいます。

ガス代は、一般的にプロパンガスよりも都市ガス(東京ガスなど)の方が3割以上安いケースが多く、希望の地域に都市ガスが通っているのであれば、絶対に都市ガス物件を選択するべきです。

また、水道代も地域の行政によって大きく異なります。一般的に、水源の場所に近ければ近いほど水道代が安い傾向が強く、水も美味しいです。

実際、102が田舎で1人暮らしをしていたときは、下水道代が無料で、どんなに水を無駄遣いしても基本料金(2ヶ月で2000円程度)内に収まっていました。しかし、今住んでいる地域では上水道代・下水道代が両方掛かるため、節約しているにも関わらずその約3倍、また、都心に近い102の実家に至っては更にその2倍以上費やしている、といったように、地域の行政によって水道代に大きな開きが出てしまいます。

現在の光熱費と同じ考え方は通用しないと思った方がいいかもしれません。できるだけ、希望地域のガス状況、水道状況を確認しておきましょう。

前の記事 | トップページ | 次の記事

Facebookでコメントする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます

その他の住居環境

ガスの種類と水源の位置

携帯電話とインターネット環境

通勤距離・通勤時間

2DK以上・2階以上

初期費用(敷金・礼金・仲介手数料)

管理費・共益費が必要な物件

家賃は全収入の1/3以下

同棲の節約術