Top Page同棲とワタシ達

同棲中の共通の目標

同棲初期から、お互い「結婚」そのものを意識していたとは思います。

敢えて口には出していませんでしたが、102はそのために就職を決めることを第一に考えていました。無事に102の就職が決まり、婚約するに至りましたが、それまでりくには漫然とした不安感を与えてしまっていたようです。

現在はお互い「結婚」に向けて、日々様々なことに努力し続けています。結婚資金の貯金はもちろんのこと、ダイエットや肉体改造、精神面に至るまでお互いが成長し合っていくことを意識しながら、同棲生活から新婚生活に生まれ変わる日を目指して、2人で一緒に走り続けています。

同棲中に行ったデートスポット

ワタシ達が同棲中に行ったデートスポットを、覚えている限り書いてみました。同じ家に住んでいる分、近場のショッピングや、車を使ってドライブに出掛けることが増えました。

東京ディズニーランド東京ディズニーシー東武動物公園横浜八景島シーパラダイスよこはまコスモワールド箱根小桶園ユネッサン信州諏訪大社御柱祭、江ノ島、河口湖、お台場ショッピング、横浜ショッピング、東京-関西一周ドライブ、箱根ドライブ、富士山ドライブ、

同棲住居のセキュリティー対策

2人で箱根へ遊びに行ったある日、我が家に空き巣が侵入しました。

閉めたはずの玄関の鍵が帰ってきてみると何故か開いていたことを不審に感じ、恐る恐る家に入ってみると、家中が荒らされているという悲惨な状態でした。戸締まりなどはしっかりしていたつもりでしたが、ベランダの鍵の部分の窓ガラスを割られ、そこから侵入されたようです。

幸い、通帳や印鑑は玄関に散乱してましたが何とか無事、また家電製品や何よりも高価なギターやベースなども何とか無事でしたが、家に置いてあった家賃分の現金5万円がごっそり盗まれてしまいました。

割れた窓ガラスの修繕費と盗まれた現金は、物件契約時に加入した火災保険に付随していた損害保険により戻ってきましたが、犯人が捕まったという連絡は1年経った今もなく、今でも家を空ける際は心配でなりません。

これを読んで頂いている方々には、絶対ワタシ達のような体験、思いをして欲しくはないので、この経験を元にワタシ達が考えた、自宅を守る簡単なセキュリティー対策を記しておきます。自分たちの家は自分たちで守らなければいけません。何かの参考にして頂けたら嬉しいです。


1階には住まない
やはり1階部屋は2階以上の部屋に比べて、圧倒的に空き巣や不審者に狙われます。可能なら2階以上の部屋を契約しましょう。

ベランダや窓に目隠しをしない
家の中が見えにくくなると言うことは、空き巣侵入時も周囲から発見されにくくなると言うこと。不必要な目隠しは避けた方が無難です。

鍵はピッキング対策用のものに
これはよく言われます。鍵交換は1万円程度で自分でも簡単にできますので、大家に確認して交換しておきましょう。出来れば、サムターン回し対策もしておくことをお勧めします。100円ショップで対策グッズが購入できます。

窓には防犯対策グッズを
補助鍵、アラーム、防犯フィルムなど、ホームセンターへ行けば比較的安く売られています。是非対策を心掛けて下さい。補助鍵は100円ショップでも売っています。

家に置く現金は少しだけ
万が一、空き巣に侵入されてしまった場合、全く家に現金が無いというのも危険です。家を不必要に荒らされたり、最悪放火されるなどの危険性があります。少額を目立つところに置いておくといいかも知れません。

同棲中の家計簿

同棲生活における我が家の毎月の家計簿(支出のみ)を公開してみます。

まだまだ達人の方々から見れば節約できる部分が多く残されており、色んなサイトを見て勉強しながら精進する毎日です。また、結婚費用貯蓄のため、貯金はいっぱいいっぱいの金額です。貯金額だけを見て我が家の収入を予想しないで下さいね。基本的に貧乏です。

家賃\70,000管理費・駐車場代込み
電気代\4,50030A契約・夏期は+2,000円
ガス代\6,000プロパンガス
上下水道代\3,000実際は2ヶ月合算(6,000円)
灯油代\1,600冬季のみ
固定電話代\2,600NTT東日本・殆ど受信専用
102携帯電話代\5,000vodafone
りく携帯電話代\4,000vodafone
インターネット代\4,000プロバイダ(ADSL 8M契約)
新聞代\3,600朝日新聞(朝刊のみ)
国保・年金・税金\20,000りくのみ
食費\20,000オーバーすること多し
自動車税\2,875実際は年間合算(34,500円)
自動車保険\4,000ダイレクト系損保
ガソリン代\4,000400km/月
102小遣い\x,xxx定期・飲み会等で消滅
りく小遣い\x,xxx洋服・化粧品等で消滅
貯金\40,000奨学金返済用
貯金\50,000結婚資金積立用

同棲中の家事の分担

家事の分担は特に決まっているわけではありません。

基本的に、102は部屋やお風呂、車の掃除を中心とした力を伴う仕事、りくは料理や洗濯物畳みを中心とした102ができない仕事が中心です。

家にいる時間帯に差ができてしまう関係で、洗濯やお皿洗いなどはできる方がやるというスタンスになっています。ただし、買い物だけはなるべく2人で行くようにしています。

普段の同棲生活

ずっと一緒にいられるのが同棲の大きなメリットとはいえ、実際はなかなかそう上手くはいきません。

102の帰宅時間は夜22時、バイトがある日は夕方17時から次の日の朝9時まで家を空けます。りくも早番なら朝8時半には家を出て、遅番であれば帰宅時間は21時過ぎです。

102の休みは土日(でもほとんどバイト)ですが、りくの休みは不定期なため、お互いの休みを合わせるだけでも一苦労です。

もっと2人の時間を作りたいとは思っていますが、こればかりはどうしようもありません。しかし、それでも夜~朝にかけては一緒に居られますし、一緒に眠ることも出来ますので、遠距離恋愛の時に比べたら2人の時間は雲泥の差です。

ちょっとした買い物は散歩に行くだけでもほのかな幸せを感じたりして、たまにはケンカもしますが、基本は仲良くやっていると思います。お互いに同棲を後悔したことは一度もありません。

同棲開始時に揃えた家具・家電製品

インターネットオークションインターネットショッピングなどを駆使してなるべく安く済ますことができるよう努力しました。

元々102が1人暮らしをしていた関係で、最低限の生活用品は揃っていたことも、余計な出費を抑える1つの要因になったと思います。その分、寝具やAV製品など、自分たちのこだわりを持っている部分には人よりお金を掛けているかも知れません。

冷蔵庫(137L)\0(中古)102が4年前に8,000円で購入
洗濯機(7L)\22,800(新品)ホームセンターにて購入
オーブンレンジ\0(中古)102が4年前に11,800円で購入
掃除機\6,980(新品)ホームセンターにて購入
炊飯器(3.0合)\0(中古)102が4年前に3,000円で購入
ガステーブル\4,980(新品)ホームセンターにて購入
アイロン\0(中古)102が4年前に3,000円で購入
エアコン(2.8kW)\0(中古)前の住人の置き土産
扇風機×3\2,500(新品)ホームセンターにて購入
(中古)102の実家から持参
コタツ\0(中古)102が4年前に5,980円で購入
石油ファンヒータ\0(中古)りくが5年前に5,500円で購入
テレビ(21型)\0(中古)102が3年前に8,000円で購入
VHSビデオ\0(中古)102が1年前に17,800円で購入
DVDプレイヤー\0(中古)102が1年前に15,800円で購入
CD/MDコンポ×2\0(中古)102が3年前に180,000円で購入
(中古)りくが5年前に110,000円で購入
デスクトップパソコン\0(中古)102が3年前に100,000円で自作
コードレス電話\0(中古)102が4年前に17,800円で購入
ダイニングテーブル\15,800(新品)ホームセンターにて購入
ダブルベッド\30,000(新品)無印良品にて購入
羽毛掛け布団\15,800(新品)無印良品にて購入
タオルケット・毛布・枕\0(中古)2人共実家から持参
自転車×2\0(中古)102が2年前に8,000円で購入
自動車(1500cc)\0(中古)102が3ヶ月前に450,000円で購入


この他にも、台所用品や食器類、収納グッズなど、数多くの出費がありましたが、全て百円ショップやホームセンターを活用して、なるべく出費を抑えるようにしました。

冷蔵庫と炊飯器の容量が102の1人暮らし用のものでは乏しかったので、現在では340Lの冷蔵庫(中古)をネットオークションにて20,000円で購入(それまでの冷蔵庫は5,000円で売却)し、5.5合炊きの炊飯器(中古)を102の実家から譲り受けて使っています。

パソコンも引っ越し後、買い換え、買い増してしまいました。狭い家にも関わらず、デスクトップパソコン1台、ノートパソコン2台が現役で活躍しています。

同棲への引っ越し方法

102は神奈川(1人暮らし)から同県内、りくは北海道(実家)から神奈川県へ、という引っ越しだったので、お互い引っ越しの手段は全く違いました。ですが2人とも、引っ越し費用は徹底的に節約することに成功したと思います。

まず102の引っ越し代ですが、数往復分のガソリン代と友達の昼食代しか掛かっていません。総額3000円程度でしょうか。

自家用車を持っていたため、細かな荷物は少しずつ何回かに分けながら、1人だけで運び出しました。自分の車に乗らないような大きな荷物(冷蔵庫や洗濯機など)は、前住居の大家に軽トラックを借りることができたため、友達に協力してもらいながら2人で運び出しました。102の荷物は、男の1人暮らしにしては多かった方だと思いますが、それでも約10日間で全てを運び出すことができました。

りくの場合は、洋服や雑貨がメインで大きな荷物はさほど多くなかったため、全て段ボールに小分けして、通常の宅急便で送り出しました。コンポやミシンなどの電化製品もいくつかありましたが、160サイズギリギリの段ボールに洋服と一緒にして梱包しました。

段ボールは10個ほどになりましたが、それでも2万円程度で済んだので、北海道から関東への引っ越しを考えると、かなりの節約ができたのではないかと思います。

同棲している物件

ワタシ達は下記の物件を、地元の不動産屋を通して借りています。

  住所 : 神奈川県央地区 (駅から徒歩12分)
間取 : 2DK (和室6畳+洋室6畳+DK8畳、バス・トイレ別)
築年 : 1990年
築材 : RC鉄筋コンクリート
家賃 : 70,000円 (駐車場代込み)

この不動産屋はとても親切で、ワタシ達が聞いてもいないのに、建物の成り立ちから周囲の環境、近隣にどんな住人が住んでいるかという点まで、丁寧に教えて頂きました。

年季が入っている物件なので問題が全く無いとは言えませんが、今でも湯船を交換してもらったり、水漏れを直してもらったりと、問題が起こった場合にはすぐに対応してもらっています。空き巣に入られたことがあるのですが、その時も鍵交換の費用交渉から損害保険会社への連絡まで、その不動産屋に対応していただきました。

しかし、契約時は敷金・礼金2ヶ月分に仲介手数料、前家賃、火災保険など、合計して約40万円程度の出費になってしったのは正直痛かったです。

ワタシ達は住む場所(最寄駅)の条件として、通勤・通学に便利なこと(急行電車が停まること)、適度な田舎であること、買い物の便が良いことなどを重視して、「A駅」をピンポイントで探し回りました。

この駅は鉄道3社のターミナル駅で、大型スーパーやショッピングモールに隣接している反面、自然も多く、駅周辺でも地価がそこまで高くないので、非常に暮らしやすい街です。最近治安が悪くなってきたのと、高速のインターがないのが不満と言えば不満でしょうか。

物件自体は、駅から徒歩15分圏内、コンクリート造りで頑丈かつ防音、家賃が駐車場代込という部分に惹かれて契約しました。

コンビニが近くにあり、キッチンやベランダが広く、擬似的な庭もあるなど、とても暮らしやすいのですが、唯一失敗したのが「1階」を選択したことです。

冬は地面の放射冷却をダイレクトに受けるため極めて寒く、逆に夏は湿気が籠もりやすいため、とにかく虫(カ・ハエ・クモ・ガ・ハチ・アリ・ゴキブリなど)が大量発生します。更には空き巣に入られるなどセキュリティ面が極めて低く、「2階以上にしておけば…」としばしば思ってしまうことがあります。

同棲についての周囲の反応

多くの友達には、「どう?」「羨ましい」「大変だね」など千差万別の反応をもらいますが、みな友達関係に影響が出るほど気にはしていないようです。基本的には何も変わりません。

102の先輩や教授にも同棲していることを伝えましたが、だからといって対応が変わるといったようなことは一切ありませんでした。

102の両親、特に母親は初め同棲には反対でした。正直当然だと思いましたが、何度か説得を繰り返した結果、今ではりくを気に入り、応援すらしてくれています。りくの両親は初めから反対はしていませんでした。

 1  |  2