Top Page同棲とワタシ達同棲している物件

同棲している物件

Check

ワタシ達は下記の物件を、地元の不動産屋を通して借りています。

  住所 : 神奈川県央地区 (駅から徒歩12分)
間取 : 2DK (和室6畳+洋室6畳+DK8畳、バス・トイレ別)
築年 : 1990年
築材 : RC鉄筋コンクリート
家賃 : 70,000円 (駐車場代込み)

この不動産屋はとても親切で、ワタシ達が聞いてもいないのに、建物の成り立ちから周囲の環境、近隣にどんな住人が住んでいるかという点まで、丁寧に教えて頂きました。

年季が入っている物件なので問題が全く無いとは言えませんが、今でも湯船を交換してもらったり、水漏れを直してもらったりと、問題が起こった場合にはすぐに対応してもらっています。空き巣に入られたことがあるのですが、その時も鍵交換の費用交渉から損害保険会社への連絡まで、その不動産屋に対応していただきました。

しかし、契約時は敷金・礼金2ヶ月分に仲介手数料、前家賃、火災保険など、合計して約40万円程度の出費になってしったのは正直痛かったです。

ワタシ達は住む場所(最寄駅)の条件として、通勤・通学に便利なこと(急行電車が停まること)、適度な田舎であること、買い物の便が良いことなどを重視して、「A駅」をピンポイントで探し回りました。

この駅は鉄道3社のターミナル駅で、大型スーパーやショッピングモールに隣接している反面、自然も多く、駅周辺でも地価がそこまで高くないので、非常に暮らしやすい街です。最近治安が悪くなってきたのと、高速のインターがないのが不満と言えば不満でしょうか。

物件自体は、駅から徒歩15分圏内、コンクリート造りで頑丈かつ防音、家賃が駐車場代込という部分に惹かれて契約しました。

コンビニが近くにあり、キッチンやベランダが広く、擬似的な庭もあるなど、とても暮らしやすいのですが、唯一失敗したのが「1階」を選択したことです。

冬は地面の放射冷却をダイレクトに受けるため極めて寒く、逆に夏は湿気が籠もりやすいため、とにかく虫(カ・ハエ・クモ・ガ・ハチ・アリ・ゴキブリなど)が大量発生します。更には空き巣に入られるなどセキュリティ面が極めて低く、「2階以上にしておけば…」としばしば思ってしまうことがあります。

前の記事 | トップページ | 次の記事

Facebookでコメントする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます

同棲中の共通の目標

同棲中に行ったデートスポット

同棲住居のセキュリティー対策

同棲中の家計簿

同棲中の家事の分担

普段の同棲生活

同棲開始時に揃えた家具・家電製品

同棲への引っ越し方法

同棲している物件

同棲についての周囲の反応